こばやし農園
FC2ブログ

本当は明るいコメ農業の未来

本当は明るいコメ農業の未来 https://www.amazon.co.jp/dp/4802202148/ref=cm_sw_r_oth_api_YbbfybAYY9WCQ
タイトルにそそられて読んでみました。
内容は販売戦略ではコシヒカリなどの一般的な品種を作らず、インディカ米や低アミロース米を作る、輸出やそれこそ現地でのコメ生産に未来がある、と述べています。
これは将来のある話でさすがに輸出や現地生産は無理でも新品種については検討の余地ありです。
今度は経費節減についてですが、日本では10haの壁、がありこれ以上規模を拡大しても面積あたりの経費は下がらない、と言われています。
これについてもスケールメリットを活かして肥料や農薬などの資材を低価格で購入すべきと述べています。しかしこれについては農家同士が協力してまとめて注文する事も可能ではという気もします。あと資材には原価があるのだから極端には安くならないはず。
今の日本の水田圃場を考えてみれば、圃場が1ha以上とかあとまとまっているとかでないと闇雲に規模拡大しても生産効率は上がらないと思います。
筆者は生産調整反対でTPP賛成論者、私はTPP反対ですので参考になる点もあるのですが懐疑的な点も多数あり。もしこの本が気になった方は三条市立図書館にあるのでどうぞ。

| TOP |

リンク

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

kobafarm

Author:kobafarm
FC2ブログへようこそ!