こばやし農園

研修その1

研修の続き1です。
ときわ研究所研修の後、少し離れた花園農産物直売所へ向かいました。
ここは埼玉県有数の直売所らしく大変品揃えが豊富。
ただ午後3時過ぎだったので欠品した商品が残念ながら多かったです。
しかし花木は圧倒的な量で尚且つ近所のホームセンターよりとても安い。
私が気に入ったグズマニアもネットと比べて送料込みだと半額くらい。
これで1日目の研修は終わり、宿泊地の群馬県藪塚温泉へ向かい楽しい夜を過ごしました。
続きはまた今度。
ちなみにこれは翌週に東京行った帰りに買ったグズマニアです。これ1,000円ですからお買い得です。

小沼明治大学客員教授

小沼明治大学客員教授の講演を昨日聞いてきました。
これがその大雑把な内容です。
走り書きの為乱筆乱文で読みにくいと思いますがご容赦下さい。
全世界で25億トンの穀物生産量
今は安定している。
世界の3分の2の飢餓人口がアジアにいる。
国連では小規模農家を応援している。
21億人が肥満。
世界は個人主義に向かっている。
2050年に90億人以上となる。
1日当たりのカロリー2700 3000キロ アジア3200キロ カロリー摂取量が多くなっている。
世界の人口の半分が都市に住んでおる。
50年には6割から7割の人口となる。
高カロリーの摂取が予想される。
2050年時点で今より6割増産しないとダメ。
アジアぜんたでは農地はもう増えない。
世界でもあと5%。農業は7割水使う。
アメリカのトウモロコシの4割はバイオ燃料になる。
農業に対する予算が減っている。
気候変動か一番懸念される。
途上国の5歳の四人に一人が成長不良。
輸出国と信頼できる関係を国で作る。
バーティカルファーミング シンガポール
海水から水を作るコストは3倍。
今は和食ブーム。輸出のチャンス。
エコツーリズム、アグリツーリズムにもここは可能性がある。
バイオ燃料を農産物以外で作る。
人口減で農家も減。しかし日本だけを見るのではない。グローバルな時代。
日本は飢餓問題に貢献しているしお金も出している。しかし人的支援がない。
マーケットの需要をつかむ事が大事。
日本は農業国。日本農業の世界の中でみる。農産物の輸出入発展させる。
最後に先生はTPPについては賛成のようですが私はこの講演聞いてもやはり反対です。それは変わりませんでした。

引き継ぎ

先週末激安のスマートフォン(税別6800円)を 購入。
いやー ここまで安くなりましたね。
それにともないline引き継ぎをしてみましたが見事失敗。
履歴は全てなくなりかなりガックリ。
次回は万全の準備をして取り組みます(゚〇゚;)

爆買い

お昼に近所の薬局で買物していたら買い物カゴにたくさんの商品を入れた女性だけの家族がレジに。
しかもかごの中は化粧品やお菓子で一杯。
よく言葉を聞いたらどうやら日本人ではない。
恐るべし春節、恐るべし爆買い、とは言っても薬局だから大した事ないけれど。
それにしてもこんな田舎にまでやってくるとは思わなかった。

埼玉、群馬へ


この農閑期を利用して近所の出荷組合の生産者と埼玉にある胡瓜の種苗会社のときわ研究所と近隣の胡瓜とネギの圃場へ行き、その道中直売所を視察してきました。

いつもは作付検討会という事で県内の温泉で会議を開くのですが、最近種苗会社へ10年以上見学していないので今年は行きましょう、と言ったのは私。

他の生産者も見学したかったらしくすぐ決定。

1日目はときわ研究所と農産品直売所の視察研修。

流石に種屋さんだけあって胡瓜の管理はしっかりしていますが、破れたポリマルチもホチキスで留めてありコスト管理も抜かりなしとも思いました。

これ以降はまた次回に。


残念・・

連日報道されている清原和博容疑者。
大変残念ですが私の聞いた時の感想としては「ああ、やっぱり」
私のように思っていた人は少ないのでしょうか、テレビのインタビューを見てもそのような声は聞かない。
比較して大変申し訳ないのですがもし元巨人の松井氏だったら大変驚くのですが。
しかしなんといっても清原和博はスーパースター、再起を期待したいです。

| TOP |

リンク

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

kobafarm

Author:kobafarm
FC2ブログへようこそ!