こばやし農園

今年最後の良かった事


今年もあとわずか。
そんな中で大晦日よかったことを一つ。
今日大根おろしを使っていた母が手が疲れたと言ったのでひょっとしたらスロージューサーが使えるか、と考えて早速使ってみました。
そうしたら本来絞りカスが出てくるところに綺麗な大根おろしが出てきました。
スロージューサー、こんな使い方ができるなんて嬉しい誤算です。
おかげで正月のおせち料理もバッチリ準備できました。
後は正月を迎えのみです。

さて今年を振り返ってみるとちょっと病気療養している時期もあり順風満帆な1年とは言えませんでしたが、今家族共々元気に年越しできることを大変幸せに思っています。

それでは皆様良いお年をお迎えください。

返品

先日モーニングサテライトでアメリカのネット販売された商品は1/3が返品されるとニュースで見ました。
不良品の場合は別ですが、確かにネットでは現物の商品を確認できないので店頭販売より返品率が上がるのは仕方ないところかもしれません。
しかしそれを加味しても1/3は高すぎる気がします。
とりあえず購入して気に入らなければ返品期間中に返品すればいい、と考えている人が多いとしか思えません。
あくまでアメリカでの話ですが、日本でもネット通販事業は伸びているので今後どうなるか分かりません。
消費者にとってはその返品コストが最終的に商品に跳ね返ってくるのですから他人事ではありません。
今後日本ではどうなるか大変興味深いです。

ああ、年賀状


年賀状との格闘も後もう少しで終わり。
今年は手首の痛みがあり苦戦しました。
いつもならもっと早く(それでも今年よりちょっと早いぐらいかな…)年賀状作成 終わっているはずなのですが今年は12月中旬からの痛みでなかなか思うように捗らない。
パソコンである程度はできても 最後の宛名書きは自筆なのでどうしても右手が必要になってきます。
今日まで待ってみましたがさすがにもうタイムリミット。
遅くに届いた皆様、すみません。
来年は大丈夫だと思いますので何卒ご勘弁を!

野菜の値段

以前にも書きましたがまだまだ全国的に野菜の高値が続いています。
秋までは今夏以降の天候不順が高値の要因だったのですが、その後も急激な気温の低下やこの円高による燃料代の高騰などがその要因にあるようです。
私は工業製品と違って農産物はそんなに輸出入を活発にする必要はないと思っています。
野菜などの生鮮食品を別としても果物 でも日本は季節によって 全国から色々な果物が量販店に並ぶので、多少高くてもそれらを優先的に購入すればいいのではないかと。
大半の国民は安心安全な国産農産物を望んでいるはず。
農家も努力しているのですからそこのところは国民の皆様にも理解していただきたいのです。
例えばですが多くの国民は月々何千円もする携帯料金を払っているのですから…。

生産調整廃止決定

少し前のニュースですが政府は40年以上続けてきたコメの生産調整経営を5年後をメドに廃止すると決定しました。
安倍晋三首相は、経営マインドを持った農業者が現れてくることを期待する、と言われました。
しかしそんな事を言ったら今経営マインドを持った農業者がいないととらえられてしまいます。
決してそんな事はなく全国各地で素晴らしい経営をされている農業者は沢山います。
安倍晋三首相はもっと大勢の農業者にそうなってほしいという思いからだとは思うのですが違和感を感じたのは私だけだはないはず。
経営マインドを持たなければ近い将来農家も厳しくなってくるのは他業種と同じ。
生産技術を高めるのはもちろんですが、これからの農業者は経営センスも問われてくるので私もより一層努力しないと。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

いたたたた!

今週半ばのある深夜、右手首に強烈な痛みが。
痛みで深夜二時に目が覚め、その後は寝られないまま朝を迎えました。
朝方、痛み止めのロキソニンを服用し一旦は落ち着いたものの、時間が経過すると腕を上げると手首にも心臓があるような痛み。
湿布を張り一週間経った今、少しずつですが痛みは無くなってきて今日はやっと両手で洗髪する事ができました。
けれども完治まではもう一息。
うう、辛いですが辛抱、辛抱。

テーマ : アルビレックス新潟 - ジャンル : スポーツ

今年を振り返り

今年を振り返り良いことも悪い事も何もなかった、といった内容のメールがラジオ番組で紹介されていました。
けれども何もなかった事とはそれ自体はホントは良い事。
悪い事はだいたい突然起きるが良い事というのはギャンブルや宝くじを除けば主に日々の積み重ねで起こる。
普通の生活がいかに幸せか、今更ながら実感する師走です。

今年最後の検査

先週の土曜日、我が家で今年最後のお米の検査を行いました。
結果は従来コシヒカリ、コシヒカリBLともに全て一等。

今年は新潟県全体でもコシヒカリの一等米比率は約7割。
この地域のJAにいがた南蒲は少し落ちて約7割弱、ところが三条市だけでみると5割強、約半分は2等以下といった結果でした。

私がお米を調整していた時に確認してこれは一等米と思っていても、自分のお米だとついつい欲目に見てしまうのでやはり検査結果は気になるところ。
検査員の方が一等と言われた時は検査数量が200袋以上と多かった事もあり、まずは一安心。

これで今年度産の検査結果が全て出たわけではないのですがこれで最悪でも8割強は一等米となりました。
しかしもうこれは終わった事、来年に向けて更なる品種向上に努めなければと感じた晩秋の1日でした。

野菜高騰

今秋は全国的に8月から9月にかけて天候不順となり、そのために野菜の高騰が続いています。
きゅうりだと通常の倍ぐらいの価格で市場で取引されていました。
これらの事例だけとってみれば生産者にとっては良い事となるのですが、実はそうではないのです。
一割二割の高値なら大した事はないのですが、倍となると流通業者が何とか安く仕入れようと輸入を含めたいろいろな流通ルートを模索し確立させてしまいます。
普通にこの作物が今単価が高いから国内の農業者がこれ作ろうというのはまだいいのですが、輸入ルート作られるとやはり厳しいですね。

| TOP |

リンク

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

kobafarm

Author:kobafarm
FC2ブログへようこそ!