こばやし農園

四国旅行のあとは...

今日は雨が降って寒い1日となりました。
昨日は四国旅行の疲れが出てとても体のだるい1日でしたが今日はやっと体の疲れも取れてよかったです。
仕事ではちょっと時間がかかりましたがやっと籾摺り機の清掃が終わりました。
これをフォークリフトで車庫の2階に上げて保管します。
10+1129_convert_20101129222031.jpg

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

四国旅行の続き

四国旅行の2日目3日目は前日とは打って変わって秋晴れの一日となりました。
この日は坂本龍馬が脱藩した時に泊まった家と四万十川の川下り、次に内子と巡りました。宿泊したのは坊ちゃん風呂で有名な道後温泉でした。
10 a845


3日目は正岡子規ゆかりの子規堂、次に金比羅さんを参拝して瀬戸大橋経由で伊丹空港から新潟空港へ帰って来ました。

10 1094

初日こそ雨が降りましたが、その後は晴天に恵まれてとてもいい旅行となりました。
また機会を見つけて旅行したいです。

テーマ : 温泉宿 - ジャンル : 旅行

四国旅行1日目

先週の19日20日と秋田県へ研修旅行してきたのに、また22日から3日間の四国に旅行で来ています。
一日目は新潟空港から伊丹空港へ飛び、そこからバスで明石海峡大橋を通り鳴門公園、桂浜と観光してきました。
鳴門公園では残念ながら渦潮みれませんでしたが、なかなか迫力のある波が見れました。

楽しみにしていた高知県の桂浜は残念ながら雨が降っていたのであまりゆっくりできませんでした。

今は龍馬伝が放送しているので龍馬が注目されていますが、宿泊した高知市内のホテルの中には土佐藩主 山内一豊と千代の物語がパネルで描かれていました。
やはり新潟でいえば上杉謙信のように山内一豊は高知県民に愛されているんだなと思った1日目でした。

秋田県への研修

先週の19日20日と三条市農業担い手協議会の研修旅行で秋田県大潟村へ行ってきました。
大潟村とは昭和30年代から40年代にかけて、当時琵琶湖に次ぐ日本で二番目に広い八郎潟を水田に干拓してできた村です。
日本の大型稲作経営の先駆けのこの大潟村へ私は初めて訪れました。
ここは全国から入植者を募り元々農家ではない人も米作りに情熱を持って入植されたそうです。
ただ今までの道は険しいものだったようです。
田んぼは整備されたといっても表面から30センチ下はペドロのような柔らかくトラクタやコンバインもよくぬかるみにはまり動かなくなったそうです。
(資料館にぬかるんだ様子が模型で展示してありました)
また稲を作るようになってから間もなくして米の生産調整が始まってしまいました。
それ以前は食糧増産の時代でしたので借入金がある入植者はころころかわる農政に苦労したようです。
研修先で説明された方は私達と同じ新潟県から入植し、先程のような苦難を乗り越えて今は米粉麺などを作る会社を設立したと説明されてました。
私達の質問にも予定の時間を超えて対応してくださいました。
私も説明を聴いて参考になる事がたくさんありました。それらをこれからの農業経営に生かしていきたいと思います。

荒れた天候

先週の火曜日、水曜日と昨日は大荒れの天候となりました。
朝から風が強く家の裏にある竹やぶの竹がしなり音もうるさかったです。
これから冬にかけて新潟は風の強い日が多くなってきてビニールハウス等の破損といった被害が多くなってきます。
悪い予感は的中してこの風で家の裏にある鉄骨ハウスの換気する天窓の一部がめくれてしまいました。
ここは夏にも風でめくれてしまったので10月半ばに直したばかりでした。
また直さなければならなくなったと思うとうんざりです。
ただそうもいってられないので雪が降るまでに直したいと思います。

かりんの枝落とし

木曜日の午前中にかりんの木の枝を切りました。
このかりんの木は母に聞いてみると、母の兄(私のおじさんですね)から約30年前に貰ったのだそうです。
今まであまり枝を落としていなかったのですが、電気線の上まで伸びてしまったので枝を落とすことにしました。
これで終わりではありません。しかしとりあえずすっきりしました。もう少し落として電気線にかからないようにしたいです。

戸別所得補償

先日我が家に戸別所得補償交付金の書類が届きました。

この制度は皆さんもご存知の通り民主党が今年から初めた政策です。

制度の内容は主食用米の場合10アール当たり1万5千円を支払うというものです。

我が家もそうですが今年は猛暑の影響で全国的に米の収量が少なかった農家は多いと思うので、今年この制度があったのがせめてもの救いだったのではないでしょうか。

| TOP |

リンク

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

kobafarm

Author:kobafarm
FC2ブログへようこそ!